ソフトウェア開発、システム運用・保守、ネットワーク構築ならば、システックにお任せください。

iSMASH!

お客さまの環境に合わせて柔軟に対応できます

  • 建物内で無線LANを使って自社システムに接続
  • 屋外から公衆回線を使って自社Webシステムに接続

アプリケーションも柔軟に対応できます

インターネット環境が無くても大丈夫ですか?
大丈夫です。その場合はiPadやiPhoneにアプリケーションを組み込みます。
当社では、iPadやiPhoneに組み込むネイティブアプリケーションの開発を行っておりますので、お客様のニーズに合わせて対応させて頂きます。
せっかくのiPhoneでも、ウェブアプリケーションだと使いにくいのでは?
当社では、ネイティブアプリケーションと同等のウェブアプリケーションを開発できます。
今後主流となるHTML5、CSS3、JavaScriptを組み合わせることで、iPadやiPhoneのネイティブアプリケーションと見分けが付かないくらい、使い勝手の良いウェブアプリケーションを開発できます。
また、既存のウェブアプリケーションがある場合は、ユーザインタフェースの変更だけで対応できる場合もあり、開発コストを大幅に抑えることができます。

その他ご質問にお答えします

「iSMASH!」はナゼ安いの?
一般市場に流通している製品を組み合わせることでコストを抑えます。
たとえば、iPadやiPhoneは、ハンディターミナルよりも高性能でありながら、圧倒的に安価です。
また、バーコードスキャナは安価なものが流通していますので、これらを組み合わせてハンディターミナル以上の機能を実現します。
安いと品質が心配・・・
世界で品質が認められています。
iPadやiPhoneはメディアでも多く採り上げられているように、全世界で普及していて、品質は安定しています。また、バーコードスキャナもハンディターミナルより仕組みがシンプルなため、品質は安定していますのでご安心下さい。
ハンディターミナルと比べてデメリットは無いの?
正直にお伝えします。デメリットもあります。
以下の対比表のとおり、強度と使い勝手はハンディターミナルより劣りますが、価格、機能、性能ともにiSMASHの方が優れています。
iSMASHソリューション ハンディターミナル
価格 高機能でも安価に実現できます × 高機能なものは高価です
品質 安定しています 安定しています
強度 バーコードスキャナは強度に配慮されていますが、iPadやiPhoneは強化ガラスを使っていながらも落下に対する強度はありません 高価なものは強度にも十分配慮されており、落下に耐える機器もあります
使い勝手 iPadやiPhoneとバーコードスキャナをそれぞれ個別に充電する必要があり、また、iPhoneはバッテリーの持ちが悪いため、1日運用する場合は予備バッテリーが必要となります 多くの機器が1日(8時間程度)以上の運用には耐えられるよう設計されています
屋外利用 バーコードスキャナは屋外利用に耐えられる機器もありますが、iPadやiPhoneは屋外利用する場合、防水ケース等に入れる必要があります 屋外利用に適した機器もあります
無線LAN iPadやiPhoneは標準で対応しています 無線LANに対応した機器もありますが高価です
公衆回線 iPad 3GやiPhoneは標準で対応しています 公衆回線への対応は一般的に別売りの外付け機器が必要です
Web対応 iPadやiPhoneが標準でブラウザを搭載しています
また、最新のHTML5にも対応していますので、表現力の高いアプリケーションが開発できます
ブラウザを搭載した機器もありますが高価です
また、独自のブラウザを搭載している場合が多く、表現力が乏しくなりがちです
開発コスト iPadやiPhoneの開発ソリューションは1万円程度です
また、オープンソースとして仕様が公開されており、開発コストが比較的安くなります
× 開発ソリューションは有償(数万~数十万円)がほとんどです
また、ハンディターミナル開発が得意な会社でないと開発コストが高くなる事があります
PAGETOP
Copyright © 2005-2017 Systech Co.,Ltd. All Rights Reserved.